発達障害|高機能自閉症の症状や原因、遺伝との関係などについて知りたい方に

sponsored link

はじめに

高機能自閉症,症状,診断,支援
高機能自閉症のことはご存じですか?

 

このサイトでは高機能自閉症について
症状や原因、遺伝や支援方法などのポイントを
わかりやすく解説していきますので、ご家族や
お友達を支援するのにお役立てください。

 

メインコンテンツ

高機能自閉症は、今話題の「発達障害」の1つです。

 

「発達障害」と呼ばれる障害には、幾つかの種類がありますが、高機能自閉症は、今その中でも特に注目されています。

 

高機能自閉症について疑問をお持ちの方も多いと思いますので、
そんな、ちょっとした疑問をお持ちの方のために、高機能自閉症に関する
情報を集めてみました。

 

高機能自閉症とは何か?

 

高機能自閉症とは、自閉症の三つの特性が見られるものの知的な遅れは伴わないタイプの発達障害のことです。

 

高機能自閉症の「高機能」とは知能指数が高い(IQ70以上)という意味です。しかし、知的発達の遅れはなくても、言葉の発達の遅れなどが見られる場合があります。高機能自閉症の人たちは、他の人との関わり方が独特です。会話を始めるのが苦手だったり、婉曲表現をそのままストレートに捉えたりして、失礼な人とか変わっている人と思われがちです。

 

高機能自閉症の人に見られる特徴

 

高機能自閉症の人たちには、一見障害を抱えているようには見えないもののこだわりの強さや対人関係面での問題があります。

 

高機能自閉症は、アスペルガー症候群などと同じ「自閉症スペクトラム(連続体)」の一つです。マイペースな言動や決まった行動パターンに対するこだわり、不器用で運動が苦手な子が多いなどの特徴があります。最近では、大人になってから高機能自閉症と診断される人も増えてきており、引きこもりやうつ病、いじめなどとの関連も指摘されています。

 

メインコンテンツ

 

サブコンテンツ